包茎手術でコンプレックス解消~自信をつけて積極的ボーイ~

男女

海外文化の違い

男性

その中でもペニスに関しては包皮に包まれているペニスこそが正しい姿だと考えられており、通常時でも亀頭を露出させている男は汚らわしいと考えられていたようです。つまり包茎こそが美徳であると考えられていたのです。特に当時スポーツは裸で行うのが通常であり、亀頭が露出している場合には包皮を紐などで縛ってしまい亀頭は露出しないようにしていたと言われています。"その他にもペニスに割礼を行った人に対しては「肉体に対する冒涜」として死刑にしようとしたローマ皇帝もいたようです。その辺のことは欧州の古代の彫刻や絵画を見れば確認することが可能です。ヨーロッパでは包茎を恥ずかしいとする文化はなく、仮性包茎は普通とされています。あのサッカーで有名になったベッカムもそのヌード写真集で包茎をあらわにしています。 しかし、アメリカでは昔から生まれたばかりの時に包茎の手術をすることが一般的です。かなりの人数が生まれたばかりの状態で包茎手術を行っていたようですが、最近では、包皮を手術によって切除することで性感が減るなどとして訴える団体が出てきたこともあり、あまり手術も行われなくなってきてるようです。

そしてお隣の韓国は包茎の手術をする割合が世界で最も高い国なのです。韓国では政治になる前に軍隊に行く今日の制度があり、この前に包茎の手術をするということが一般的なようです。またイスラムやユダヤでは新生児のうちに「割礼」をする習わしとなっています。これは旧約聖書の創世記17章にあるアブラハムの神と契約を結ぶために一族のすべての男子と一緒に割礼を受け、この時に、神はイスラム人と神との契約の印としてすべての男子は割礼を受けなければならぬとされているためです。

Copyright © 2015 包茎手術でコンプレックス解消~自信をつけて積極的ボーイ~ All Rights Reserved.